ホーム > 取り扱い業務 > 遺言相続

遺言相続

相続遺言に関するご相談
一口に相続といっても、問題は多岐にわたっています。
親族の間での争いは気の重い問題ですが、後々後悔する事の無いよう、あなたの意見をお聞きして最も良い方法を検討します。
こんな場合はご相談ください。
  • 相続遺産の事で、親族同士がもめている。
  • 親族が土地の移転登記に応じてくれない。
  • 財産が土地や不動産などで遺産分割ができず、親族間でもめている。
  • 亡くなった親の借金がみつかり、債権者から請求された。
  • の残した遺言書に納得できない。
  • 親族がもめないように遺言書を作成したい。
遺言書の必要性
相続をめぐるトラブルは、相談が多い内容の1つです。
遺産があるばかりに、生前は仲の良かったはずの家族同士で争いがおこることも決して珍しいことではありません。

それを避けるのに最も有効なのが遺言書を作成することです。
相続手続では、亡くなった本人の遺志を最重要視しますので、遺言書の内容にほぼ絶対的に拘束されます。
そのため、遺言書があると遺産相続の手続きがスムーズに行われ、相続人の負担がかなりの部分軽減されることになります。
遺言書を作成したほうがよいケース

子供がいない夫婦において、遺産を夫または妻に相続させたいケースがあります。
遺言書がなく両親がともに亡くなっていると、法定相続人は配偶者と兄弟姉妹になります。
さらに兄弟姉妹で亡くなっている人がいると、甥や姪が相続人なります。
上記のようなケースには、夫婦がお互いに財産のすべてを相続させる旨の遺言書を作成しておくことが重要です。


後継者と他の相続人が事業用の土地、建物などの財産を共同相続してしまうと、事業に支障をきたしたり、最悪の場合、事業の継続が困難になってしまうことも考えられます。
これを防ぐために、事業用の財産は後継者に、それ以外の自宅や個人の預金などを他の相続人に相続させる旨の遺言書を作成する事が重要です。


なんらかの理由があり、法律上の結婚をしないまま長年連れ添っている相手(内縁の夫・妻)がいても、 その相手には法律上相続する権利はなにもありません。
内縁の夫・妻に財産を相続させたい場合だけでなく、長年お世話になった方や福祉施設などにお礼がしたいような場合にも、 遺言書にその旨を記載しておけば自分の遺志を実現することができます。
 
遺言相続の処理の流れ
相続の際にはさまざまな問題が発生し、また必要となる手続きは多岐に渡り、相続税の申告を10ケ月内にしなければならないことから、
問題点を迅速、正確、確実に把握し、無駄なく賢く相続の手続きを済ませるために法律事務所に相談することが大事です。

 
アクセス

★画像をクリックしてください★
★事務所の案内図に移動します★

【所在地】
〒160-0015
東京都新宿区大京町22-2
大京町PJビル3階
【連絡先】
[電話]03-5363-5371
[FAX]03-5363-5374
【受付時間】
[月曜~金曜]9:00~17:30
[土曜]9:30~15:00
[日曜・祝日定休]



お問い合わせ 詳しくはこちら