ホーム > 取り扱い業務

取り扱い業務

離婚問題
離婚問題は、夫婦関係だけでなく親子関係にも多大な影響を及ぼす、人生にとって重大な岐路です。さらに、最近ではDVが原因で離婚する場合も決して少なくなく、心身に深い傷を負った依頼者の方もいらっしゃいます。
当事務所は、そのような依頼者の方の苦悩の声に真摯に耳を傾け、同苦し、新しい人生の再出発のお手伝いをさせて頂いております。とりわけ、離婚に際しては今後の生活に不安を抱えている女性もたくさんいらっしゃいますが、依頼者の方の正当な権利の実現のため、粘り強く事に当たり、依頼者の方に笑顔になって頂ける解決を目指しております。
 
遺言相続
相続に関しては、遺言書の有無の確認、相続人の確定、相続財産の調査、相続税の申告、遺産分割協議など行なわなくてはならないことが
数多くありますし、亡くなった方に借金がある場合は相続放棄を行なわなくてはならない場合もあります。
当事務所は、相続問題に関しても数多くの経験があり、専門的な知識はもちろんのこと経験を踏まえた対応をさせていただいております。
 
労働問題
解雇、賃金の引き下げなど労働者にとって、生活の基盤に直接関わるのが労働問題です。
このようなとき、労働者は圧倒的な力の差のある企業を
相手にして争わなければなりません。
当事務所でも労働事件について、大企業を相手とした訴訟を提起し、勝訴的和解を勝ち取る等実績を積み重ねております。
 
保険金請求
保険会社から保険金の支払いを拒否されたとき、保険会社は豊富な資金と組織力で調査をした結果として支払いを拒否してきています。
しかし、当事務所は、依頼者の側に立って、鑑定業者と密接に連携をとりながら、保険会社のその支払拒否の理由の一つ一つを徹底して検証します。
その結果として、一旦は支払拒否をされた保険金が支払われるとの判決(判例タイムズ1260号338頁)を得るなどの成果を着実に挙げております。
 
交通事故
交通事故の被害に遭った場合、先方の保険会社に対し、どのように交渉するべきか、また保険会社から示談の提示を受けた時にどのように対応すべきか、更には裁判になった時の見通し等をお伝えして、民事裁判を提起すべきかどうか等、親身になって相談に応じております。保険会社と比べると、一般の被害者は交通事故に関する専門知識が不十分であるため、交通事故に遭った場合には一度弁護士に相談することをお勧めしております。
 
医療過誤
医療ミスにより、患者が死亡するなどの医療事故が発生した場合、病院側は自らの施術にミスがなかったと否定することがあります。特に患者側は専門的知識について病院側に及ばない部分があり、損害賠償を請求する場合にも、勝訴の割合は他の事件より低いといわれております。
しかし、当事務所においては、病院側が自らのミスを否定している場合にも、医師の意見を積極的に求めつつ、自らも医療専門書・論文に徹底して当たり、医師の施術の妥当性を徹底して検証します。
その結果として、複数の勝訴判決・勝訴的和解を勝ち取るなどの成果を挙げております。
 
アクセス

★画像をクリックしてください★
★事務所の案内図に移動します★

【所在地】
〒160-0015
東京都新宿区大京町22-2
大京町PJビル3階
【連絡先】
[電話]03-5363-5371
[FAX]03-5363-5374
【受付時間】
[月曜~金曜]9:00~17:30
[土曜]9:30~15:00
[日曜・祝日定休]



お問い合わせ 詳しくはこちら