医療過誤

2013年2月22日 金曜日

裁判以外の医療事件の紛争解決

 本日,東京三弁護士会医療関係事件検討協議会主催のシンポジウム「医療紛争を解決するための諸制度について」に参加してきました。医療事件の裁判は,特に患者側で臨むと,病院の法的なミスの証明が難しいのが実情です。そういう中で,医療の紛争を解決するためには,裁判以外の手続きを用いることも検討しなければなりません。
 今日の研修では,裁判以外の手続きとして,「診療行為に関連した死亡の調査分析モデル事業」「医療副作用被害救済制度」「産科医療補償制度」「医療ADR」等の紹介がありました。

 「診療行為に関連した死亡の調査分析モデル事業」は,解剖を行ったうえで,医療関係者や法律家が調査をして,病院が死因の究明と臨床経過の医学的評価,再発防止への提言を行うものです。ただし,これ自体は医師の法的な責任については言及するものではありません。

 「医療副作用被害救済制度」は,独立行政法人医薬品医療機器総合機構が運営しており医薬品の副作用による健康被害の救済を行うものです。医薬品が関係する事故のときには必ず検討しなければなりません。
 

 「産科医療補償制度」は,公益財団法人日本医療機能評価機構が運営しており,分娩に関連して発症した重度脳性麻痺児に対する経済的補償(一時金と分割金)をするとともに原因分析を行い,再発防止に役立つ情報を提供すること等を目的としています。

 これらの制度を用いたからといって,それ以上に病院の責任を問えなくなるものではないので,これらの制度は最大限に活用しなければなりません。

 「医療ADR」は,弁護士会が運営しているもので,患者側代理人の経験の豊富な弁護士と医師側代理人の経験の豊富な弁護士が立ち会い,話し合いによる解決を目指す制度です。

 
 
 裁判という手段をとる場合,医師に対する損害賠償請求という形を取らざるをえませんので,原因究明や再発防止ということに結びつきにくい側面があります。上記の手段も駆使して,医療に関する紛争が,解決に向かうよう努力して参りたいと思います。

弁護士 屋宮 昇太

記事URL

2012年11月21日 水曜日

医療問題弁護団基礎研修会に参加

  研修会シリーズですが,医療問題弁護団の基礎研修会にも参加いたしました。今回は,訴訟提起(訴状)に関する基礎研修です。私も,この10年の間に複数の医療過誤事件を担当してきましたが,昨年から,医療弁護団に参加いたしましたので,新規参加の弁護士としての義務研修として参加してきました。
  医療事件を多数経験された他の弁護士の方の成功例等を伺い,新しい発見もありました。新たに吸収すべきは吸収し,よりよい弁護活動を行っていきたいものです。私の中で,あいまいであった知識の部分も判例や文献を引用して講義していただき整理ができ,本当にためになる講義でした。
 実務の中でもみくちゃになりながら,依頼者のために徹底的に戦い経験を積み,その合間にこのような研修会で自分の経験を確固として知識として固めていく作業をすることで,弁護士としての自信が深まる感じがします。これからも,より多くの依頼者のための力になれるよう成長してきたいものです。
 屋宮 昇太

記事URL

2012年10月25日 木曜日

医学概論研修に参加しました

 昨日,医療問題弁護団で,医師による医学概論の研修会を受講してきました。
 診察の入り口の医師の心構え,ターミナルケアの考え方,医療ガイドラインの医師の捉え方等々大変に参考になるお話でした。
 医療過誤事件を扱っていても,最初の相談で問題意識が持てなければ,そのまま過ぎ去ってしまいます。このように継続して医療に関する知識も身につける努力をすることでより鋭い問題意識を持つことができるようになり,依頼者の方々に有益なサービスをより提供できることと思いますので,継続した努力をしていきます。
 屋宮昇太

記事URL

2012年7月 3日 火曜日

医療問題弁護団総会に参加して

 6月30日に医療問題弁護団の総会に参加してきました。この総会の日も,正常な妊娠,分娩の医学的知識の講義があり,大いに勉強させていただきました。最終的には医学的知識は医師に頼らざるを得ない部分もありますが,日ごろから医学の基礎知識を身に着け,医療過誤の問題についても,少しでも依頼者の方々に頼られる実力をつけていきたいと思います。
 屋宮 昇太

記事URL

2012年5月23日 水曜日

医療問題弁護団

 これまで医療過誤の事件に取り組んで参りましたが,これまでの経験だけでなく,さらに広く社会に貢献できるように,また,さらなる研鑽のために,医療問題弁護団に加入いたしました。他の事務所のベテランの弁護士の方と事件に関する打ち合わせをさせていただきましたが,その経験の豊富さに感銘を受け,さらに依頼者に良質な法的サービスを提供するために自分自身も努力しなければならないと強く感じました。また,弁護団会議にも参加し,その会議での議論の内容からも多くのことを学んでいます。
 弁護団の活動と自身の受任事件を通して,一人でも多くの方々の問題解決に貢献できるよう努力してまいります。
 屋宮昇太

記事URL

2012年2月25日 土曜日

カルテ改ざんをどう防ぐか?

 白い巨塔という映画・ドラマがありますが,医師が医療過誤の責任を問われそうになりカルテを改ざんしてしようとするシーンがあります。
 実際にも,実際の問診直後に一旦,カルテが作成されているにもかかわらず,かなり期間が経過した後に書き込みがされた形跡のあるカルテが見受けられることがあります。
 現在では,電子カルテを採用する病院も多く,そこでは書き換えの記録が逐一記録されていますが,記録が反映されない書き換えの仕方があるかどうかまでは分かりません。
 そこで,本格的に医師の医療過誤の責任を問うにあたっては,「証拠保全」という手続きをとります。これは,裁判所に申立をして,証拠保全決定が出されると,ある日が指定され,その日の午前中に病院に裁判所から決定書を持っていてもらい決定通知をし,その日の午後に病院のカルテを残らずコピーまたは写真撮影するという手続きです。少なくともその時点のカルテの内容は,保存しておくことが出来,後に書き換えがされた場合,それが一目瞭然に分かることとなります。
 当事務所は,医療事件も多く経験があり,ほぼ例外なくこの証拠保全手続きを行っております。数多くの証拠保全の経験から病院側が提示してきた資料以外にも資料があるのではないかを疑い,細かく確認しながら,もれのない証拠保全を行うよう心がけております。
屋宮昇太

記事URL

アクセス

★画像をクリックしてください★
★事務所の案内図に移動します★

【所在地】
〒160-0015
東京都新宿区大京町22-2
大京町PJビル3階
【連絡先】
[電話]03-5363-5371
[FAX]03-5363-5374
【受付時間】
[月曜~金曜]9:00~17:30
[土曜]9:30~15:00
[日曜・祝日定休]



お問い合わせ 詳しくはこちら