弁護士ブログ

2012年4月30日 月曜日

法律相談初回無料化と刑事事件24時間対応のお知らせ

 今般,当事務所では,法律相談を初回無料に,刑事事件に関しては24時間対応を行うようになりました。皆様にご利用していただきやすい事務所として,より一層精進してまいりますので,これからもよろしくお願いいたします。
 屋宮昇太

記事URL

2012年4月30日 月曜日

国会図書館(文献調査)

 当事務所では,建築紛争,医療過誤,税務訴訟,特許事件等いわゆる専門分野といわれる事件も多数取り扱ってきました。それぞれ法令・判例調査を行うことはもちろんのことですが,それぞれの専門分野について専門家の意見を仰ぎつつも,自分たちでも基本的知識から専門的知識にわたるまで出来る限り,専門分野に関する文献を収集し,研究するようにしております。たとえば,医療事件では,各大学病院の図書館を利用したり,行政関係の事件を扱うときは各種官庁に直接,問い合わせたりします。
 そのような中で,最も頻繁に利用するのが国会図書館です。国会図書館は,その名のとおり,国会に所属する図書館ですが,18歳以上であれば誰でも利用することができます。しかも,本,雑誌,新聞等は,法律で必ず1部は国会図書館に納めるように規定してありますので,日本全国の文献がここに集結することとなります。しかし,ここに納められている文献のほとんどは閉架式となっており,窓口に閲覧申請を出して,20分くらい待たなければなりませんし,コピーを取るにもかなりの時間を待たされます。したがって,ここでしっかりした調査を行おうと思うと,半日から丸一日要することを覚悟しなくてはなりません。ここまで時間はかかりますが,やはり調べると毎回,こんな文献もあったのか,あんな文献もあったのかと毎回驚く有用な情報を得られます。
 文献調査は大変ですが,同時に知的好奇心をくすぐられる作業でもあり,なかなか心地よいものです。それが依頼者の利益に繋がるのですから,これほどの喜びはありません。
 屋宮昇太

記事URL

2012年4月17日 火曜日

弁護士によるパスポート認証業務

 当事務所では,海外で法人を設立する場合等に必要なパスポート認証も行うこともあります。認証の際には,パスポートの名義人のご本人に事務所にお越し頂き,パスポート認証の必要な事情をお伺いした上,パスポートを確認,コピー,スキャニングさせていただきます。その上で,A4の用紙にパスポートをスキャンして,取り込み,これにコピーが真正なものでであるとの認証文言を付して,自署署名をさせていただいております。認証は,行政書士等も行っているようですが,弁護士の認証でないとならない場合もあるようです。
 認証の目的,方法,様式等によっては応じかねる場合もございますが,初回相談は無料でさせていただいておりますので,気軽にご相談ください。 
 屋宮昇太

記事URL

2012年4月13日 金曜日

刑事弁護委員会

 本日,東京弁護士会の刑事弁護委員会の副委員長に就任しました。この東京弁護士会刑事弁護委員会は何かというと,弁護士は必ず各地方に存在する弁護士会(通常,各都道府県に1会ですが,北海道や東京は1都道に複数会があります)に所属しなくてはなりません。さらに,その上部団体として全国の弁護士会を統括する日本弁護士連合会があります。
 これらの弁護士会には,それぞれ人権擁護委員会とか,綱紀委員会などの委員会があり,東京弁護士会での刑事弁護委員会は,東京弁護士会内での刑事弁護に関する問題を議論したり,提言したり,裁判所・検察庁と必要事項について協議したりしています。
 私は,数年前も副委員長を務めていましたが,今般,再度副委員長に就任させていただきました。私には荷が重いかもしれませんが,就任した以上は精一杯頑張ろうと思います。
 屋宮昇太

記事URL

2012年4月12日 木曜日

死亡した方の個人情報開示請求

 近年,行政や企業の保管する個人情報開示,情報公開が当たり前のこととして定着してきました。一昔前は,なんだかんだ理由をつけて,学校や病院が情報を開示しないことも多かったのですが,時代の流れを感じます。そのような中で,行政の保管する死亡した個人の情報を遺族が開示請求するということも生じてきました。行政は,個人情報は,生きている個人が情報をコントロールする権利が基礎にあるという考え方から,遺族からの個人情報は開示に応じないようという対応をするのが原則であるかのように運用されています。
 しかし,相続は故人の一切の財産を引き継ぐことから,財産上の権利を行使する上では,故人の情報は必要不可欠な場合がほとんどで,開示されるのが原則であるはずです。
 当事務所では,損害賠償請求,保険金請求など故人の個人情報が必要な場合,積極的に個人情報開示請求や情報公開請求を行使して,粘り強く行政側と交渉を行い,故人の個人情報の開示を実現しております。その情報を基に交渉,訴訟を有利に進めております。特に,ある県では,故人の個人情報を開示した初めての事例のときもありました。 
 屋宮昇太

記事URL

2012年4月 6日 金曜日

刑事事件の最終弁論

 刑事事件の第1審の裁判で,証人尋問等全ての証拠調べが終わった後に,検察官は論告,弁護人は弁論といって双方の最終的な意見を述べる手続きがあります。検察官は,被告人は犯罪をした悪い人だから懲役何年を求めるという意見を述べます。これに対し,弁護側は,被告人は無罪であるとか,犯罪をしたとしても良い面もあるから寛大な処分をしてほしいという意見を述べます。刑事弁護のいわば一番の見せ場です。
 裁判員裁判以外では,弁論はほとんどの場合,弁論要旨という書面を提出します。要旨といっても,口頭で述べる内容よりも弁論要旨の方に詳細なことが書かれてあることがほとんどです。弁護人によっては,箇条書きだけの弁論要旨を提出する方もいますが,当事務所では箇条書きではなく犯行に至る経過等をなるべく詳細に主張するように心がけております。どのようなやり方が望ましいかはわかりませんが,弁論は弁護側の最終の意見を述べる場面なので,被告人の意見が最大限裁判官に伝わるような工夫をするよう心がけております。裁判員裁判以外の裁判では法廷終了後,裁判官が裁判官室で双方の書面の意見を見つつ判決を書くことになるからです。
 逆に,裁判員裁判の弁論では,口頭が中心で,書面はメモ程度のものしか出しません。裁判員が法廷でのやり取りの直後に議論をするため,書面を読む時間がなく,法廷で弁護人の主張を正確に理解してもらうには,メモを見つつ,弁護人の話をその場で聞いて理解してもらう必要があるからです。
 いずれにしても弁論も,その事件の審理に応じて最も裁判官及び裁判員が理解をしてもらいやすいように工夫をするよう心がけています。
 屋宮昇太

記事URL

アクセス

★画像をクリックしてください★
★事務所の案内図に移動します★

【所在地】
〒160-0015
東京都新宿区大京町22-2
大京町PJビル3階
【連絡先】
[電話]03-5363-5371
[FAX]03-5363-5374
【受付時間】
[月曜~金曜]9:00~17:30
[土曜]9:30~15:00
[日曜・祝日定休]



お問い合わせ 詳しくはこちら