弁護士ブログ

2017年3月13日 月曜日

入管取次業務での解決事例紹介

当事務所取り扱った,入国管理局における取次業務事例を紹介します。

在留資格変更許可申請の事例(留学ビザ→経営者ビザに変更)

留学ビザで在留していたAさんは,日本語学校の卒業後に,日本で株式会社を設立しました。ご本人で,留学ビザから経営者ビザへの在留資格変更許可申請を行いましたが,不許可決定を受けてしまいました。Aさんからの相談を受けた当事務所の弁護士は,Aさんと共に入国管理局を訪問し,担当者から,不許可理由を詳細に聞き取りました。その結果,Aさんが従前提出した資料が,許可要件をどのような意味で裏付けているのかを十分に説明できていなかったことが判明しました。そこで,弁護士が,根拠資料を丁寧に説明する事情説明書を作成した上で,再度,在留資格変更許可申請を行いました。その結果,Aさんは,在留資格変更許可決定を受けることができました。



カレンダー

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
アクセス

★画像をクリックしてください★
★事務所の案内図に移動します★

【所在地】
〒160-0015
東京都新宿区大京町22-2
大京町PJビル3階
【連絡先】
[電話]03-5363-5371
[FAX]03-5363-5374
【受付時間】
[月曜~金曜]9:00~17:30
[土曜]9:30~15:00
[日曜・祝日定休]



お問い合わせ 詳しくはこちら