弁護士ブログ

2012年2月28日 火曜日

家賃未払の立退命令はどのようなときに出るのか?

 ある芸能人の方が家賃を滞納し,裁判所で立退命令を受けたと報道されていました。
 正確には,建物明渡請求訴訟において,某芸能人に多額の家賃未払いがあったため,これを理由とした賃貸借契約の解除が有効であることが認められ,原告の建物明渡しの請求を認容する判決が出たということのようです。
 家賃の不払いを理由とした建物の賃貸借契約の解除は,原則的に単に1回不払いしただけでは契約解除の理由にはならず,「信頼関係を破壊するに至る程度の不誠意がある」とまで認められなければならないというのが最高裁の判例です。何ヶ月滞納すれば,解除が認められるのかは一概にはいえず,家賃滞納以外の様々な「不誠意」も含めて,信頼関係が破壊される程度の不誠意かどうかが判断されます。ただ,家賃未払い以外の「不誠意」の事情がなければ,2ヶ月の滞納では足りないかなという感じはします。3ヶ月はどうかといわれると,それでも足りないかなという気もしますが,段々自信がなくなってくる感じです。
 いずれにせよ,個々人で様々な事情がありますので,賃料が払えない状況になってきた段階で早めに法律相談をされることをお勧めします。逆に家主さんも,滞納が始まった段階で早めに法律相談し,家賃督促,立退きの要求等を検討しておくことをお勧めします。当事務所では,初回法律相談は無料ですので,お気軽にご相談ください。
 屋宮昇太

カレンダー

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
アクセス

★画像をクリックしてください★
★事務所の案内図に移動します★

【所在地】
〒160-0015
東京都新宿区大京町22-2
大京町PJビル3階
【連絡先】
[電話]03-5363-5371
[FAX]03-5363-5374
【受付時間】
[月曜~金曜]9:00~17:30
[土曜]9:30~15:00
[日曜・祝日定休]



お問い合わせ 詳しくはこちら